ミルフィーユで有名なベルンの本社に行ってみた!

2019年7月2日

あのミルフィーユで有名なベルンの本社は、本当にあるのか?

手土産の定番商品であるベルンのミルフィーユ。誰もが一度食べたことがあると思います。パリパリのミルフィーユ生地にクリームを挟み込み、その周囲をチョコレートでコーティングした長方体の魅惑的なお菓子は、スーパーやコンビニで販売している市販のお菓子にはない手の込んだ作りであるため、一度食べた人の心を魅了してやみません。

このように手みやげでは有名なベルンですが、ベルンという会社を調べようと思うと簡単にはいきません。

ベルンはこのご時世でホームページを持たない会社です。ネットの一部情報では、「パッケージ等に記載してある住所は架空の住所ではないか」、もしくは「その住所付近に住んでいる住民すら(株)ベルンの存在を知らない」といった情報もあるなか、果たして真相はどうなのかを確かめるべく、ベルンの本社へ行ってみました。

ベルン本社までの道のり

住所は、東京都目黒区鷹台、最寄り駅は東急東横線の学芸大学になります。

学芸大学駅に到着。

IMG_7668

 

電車を降りて1Fの改札まで下ります。

改札を出て、右折をすると正面はちょっとした商店街になっています。

IMG_7670

 

この商店街を3分ほど直進して、

IMG_7672

左折をします。

IMG_7673

 

この道を1分ほど直進し、信号のある交差点に差し掛かったら、さらに右折。

IMG_7674

 

この道が株式会社ベルンの本社がある道路になります。

IMG_7676

 

あれ?ベルン本社が見つからない!?

おかしい・・・。住所だとこのあたりのはずですが、一見するとそれらしき建物や看板はありません。

通常の企業であれば、「ベルン!」と大きく看板が出ていても良いはずですが、ベルンのべの字もありません。もしかすると前述した通り、架空住所というか、登記上の住所だけで本社は別途秘密の場所に設置しているのか?という疑問が沸いてきました。。。

とりあえず目的の住所まで徒歩で歩いていきます。

やはり看板は見つかりません・・・。これはおかしい!
明らかにパッケージに書いてある住所にたどり着いているのに、会社が見つからないなんて、本当に不思議でした。とりあえず一度この通りをしらみ潰しに調査しないといけません!ビルに入っているテナントをひと通りチェックを開始!

前澤給装工業の本社は確認できましたが、ベルンの本社が見つかりません。
反対側のビルもひと通りチェックしましたが、見つかりません!
どうなっているのでしょうか??ますます謎が深まりました。

とりあえず気を取り直して、この通りに入った出発点の信号に戻りました。
住所的にはオレンジクリーム色したビルが怪しいです。もう一度、この信号を右折した地点からチェック開始!歩くこと約1分、

IMG_7677

左手にクリーニング店を見ながらオレンジクリーム色のビルへ再度到着。

IMG_7678

このビルの1階をよく見てみます。すると・・・。

IMG_7684

発見!!!株式会社ベルン!!!

berunkanban

それにしても、これは相当分かりづらいです。

まず看板が道路沿いに出ていない。そして、入り口の横にある看板は赤地の背景に細い黒文字です。会社名が全く引き立たない配色。ベルンのお菓子のパッケージイメージを知っている人にとっては、イメージとは異なる配色です。確かにこれでは近隣住民もこのあたりにベルンの本社があるとは気づくことができないでしょう。

ベルンの池田社長は、IT嫌いで自社のホームページを作ることもしないそうですが、あのシチュエーションから察するに本社自体も目立ちたくないという感じがします。

 

ベルン本社のあるビルは、一般の住居用マンション1階部分であり、おそらくそこで働いている従業員は10~20人前後ではないかと思います。そんなに大きなビルではありません。1階の道路側、及び側道側には白いスモークが貼られており、その中を伺い知ることはできませんが、入口にはスモークはありませんでした。

IMG_7679

 

この本社には総務、人事、経理、企画営業、社長、秘書あたりの方が働いていると思います。

また会社の裏側に喫煙所みたいなものも無いため、従業員はたばこを吸わない人が多いのではないかと推測できます。

IMG_7680

このビル名はカーサ鷹番と言いますが、もしかするとこの上にベルンの社長である池田さんがお住まいになっているのかもしれません。

学芸大学の駅からは、徒歩7、8分で着くため、従業員の通勤はしやすい場所だと思います。

結論:ベルンの本社はありました!!!

私も事前にグーグルのストリートビューでベルン本社について調べてみたのですが、表通りに看板が出ていなかったので、探せなかったということですね。

IMG_7687

お土産お菓子としてメジャーでありながら、なかなか食べることが少ないベルンのミルフィーユ(ミルフィユ)。そのため個人的にはかなり希少性があるお菓子であると感じています。

一方で会社もかなりひっそりと存在しており、ある意味看板商品であるベルンのミルフィーユとオーバラップします。

ベルン ミルフィユ 7コ入り ミルフィーユ チョコレート パイ 東京土産

内容:
スイートチョコレート × 3個
ヘーゼルナッツチョコレート × 2個
ミルクチョコレート × 2個

ベルン ミルフィユ 10コ入り ミルフィーユ

内容:
スイートチョコレート × 4個
ヘーゼルナッツチョコレート × 3個
ミルクチョコレート × 3個

ベルン ミルフィユ 15コ入り

内容:
スイートチョコレート × 5個
ヘーゼルナッツチョコレート × 5個
ミルクチョコレート × 5個

ベルン ミルフィユ 20コ入り

内容:
スイートチョコレート × 8個
ヘーゼルナッツチョコレート × 6個
ミルクチョコレート × 6個

◆人気No.1のセット(満足感あり!)
ベルン ミルフィユ 30コ入り

内容:
スイートチョコレート × 10個
ヘーゼルナッツチョコレート × 10個
ミルクチョコレート × 10個

にほんブログ村 スイーツブログへ
スイーツブログ

応援よろしくお願い致します。
ベルン